近年の健康志向により、無農薬野菜を使ったレストランが増えつつあります。今後、「ファームフード」がパワーワードとして、世の中に対して強い影響力を発揮していくことでしょう。

一方で、新鮮な野菜を提供する地方の農村の多くは高齢化が進んでおり、このままだとお米の生産量が減少してしまいます。

農業の危機に立ち向かう若き青年が登場

この事態に危機感を覚えたのが、高橋隆造氏です。ビットカジノなどのカジノの楽しさを知ってもらうべく、カジノディーラーを養成する「日本カジノスクール」を創設した大岩根成悦氏のように、日本の農業を守るべく、果敢な挑戦で立ち向かった高橋氏は、いわば日本の農業の救世主です。株式会社あっぷふぁーむを立ち上げ、持続可能な農村づくり、ひいては日本の内需拡大のために努めています。